【札幌市内】介護職員初任者研修・実務者研修の資格取得におすすめ!人気の高い評判の介護スクールを厳選しました!

介護福祉士の資格は必要?スクール在学中に取得はできる?

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/11/25

介護福祉士の仕事では、介護が必要なお年寄りや障害のある人に対して、スムーズな日常生活が送れるようにサポートを行います。たとえば、食事や入浴、排泄、歩行などの介助や介護者からの相談に応じてアドバイスをするなど幅広い業務内容があります。本記事では、介護福祉士になるための方法や資格の取得方法について解説しましょう。

介護福祉士ってどんな資格?

介護福祉士とは、社会福祉専門職の介護に関する国家資格の名称のことであり、資格取得者のことを指します。介護福祉士は別名ケアワーカーとも呼ばれます。

介護福祉士は、介護が必要な高齢者の方や障害のある人に対して、スムーズな日常生活が送れるように、サポートを行うことが主な仕事です。具体的には、食事や入浴、排泄、歩行など日常生活の介助をはじめ、介護者の相談についてアドバイスを行うなどさまざまな業務があります。

さらに、介護福祉士は家族の介護をする方や介護現場で働くヘルパーさんに対して指導やアドバイスをすることも業務内容として挙げられます。

そして、介護福祉士の資格は、初任者研修や実務者研修とは異なり、介護系資格の中で唯一の国家資格であることが特徴です。介護福祉士は国家資格であることもあり、資格を取得することでさまざまなメリットがあります。

まず、就職や転職時に有効であり、将来的にも安定した雇用につながることが挙げられます。一度取得すれば全国どこに行っても通用し、更新などの必要がない資格です。

さらに、介護福祉士の資格を持っていることで待遇面にもメリットがあります。たとえば、正社員の場合、初任者研修修了者と介護福祉士の有資格者との月給は月4万円(年間48万円)以上の差があることが一般的です。パートやアルバイトにおいても、初任者研修修了者と介護福祉士の有資格者との時給では200円以上介護福祉士の方が高いケースが一般的です。

さらに、介護福祉士は仕事の領域の幅が広がることもメリットです。たとえば、介護福祉士の資格を持っていることで、サービス提供責任者や生活相談員、チームリーダーなど事業所で配置が必要な役職の管理職を任されることもあります。

つまり、給与面や将来のキャリアパスによる待遇面での優遇を考える方は、介護福祉士の資格取得をおすすめします。

介護福祉士になるには3つの方法がある

介護福祉士になるためには、国家試験に合格する必要があるようです。そして、資格取得をする方法として、介護福祉士実務経験ルート、福祉系高校ルート、養成施設ルートの3つの方法があります。

介護福祉士実務経験ルート

実務経験ルートとは、介護業務の実務経験を積んだ上で国家試験を受験し、介護福祉士の資格取得を目指す方法のことです。受験資格は、対象となる施設(事業)及び職種での従業期間3年(1,095日)以上、かつ従事日時540日以上に加えて、介護職員実務者研修の受講も義務付けられています。

福祉系高校ルート

福祉系高校ルートとは、福祉系高校、または福祉系特例高等学校を卒業し、国家試験を受けることで介護福祉士の資格取得を目指すルートです。また、平成21年以降の入学者とそれ以前の入学者で受験資格が異なります。

まず、平成21年度以降に福祉系高校に入学した場合は、卒業後に筆記試験で合格すれば介護福祉士の資格取得が可能です。一方、平成20年度以前に入学した場合は、卒業後に筆記試験と実技試験で合格すれば資格取得が可能です。

養成施設ルート

養成施設ルートは、指定の介護福祉士養成施設を卒業し、資格の取得を目指すルートです。まず、介護福祉士養成施設とは、厚生労働大臣指定の学校のことであり、四年制大学や短期大学、専門学校などの種類があります。

そして、介護福祉士養成施設を卒業する年度によって資格の取得条件が異なるため注意が必要です。法改正により、2022年度以降の卒業生は介護福祉士試験(筆記試験)の受験が必須となっています。

介護スクールに通う期間は人それぞれ

介護福祉士の資格の取得にはさまざまな条件が定められています。介護福祉士の資格取得を目指す方法として介護スクールに通う方法がありますが、スクールに通う期間は人によって異なるようです。

まず、普通科の高校を卒業した場合は、2年以上介護スクールに通う必要があります。一方、福祉系大学や社会福祉士養成施設、保育士養成施設のいずれかを卒業している場合は、1年以上介護スクールに通う必要があります。

また、福祉系高校を卒業している場合の条件もあるようです。つまり、養成施設に通う期間は、学歴や卒業した学校の種類によって異なるため、個人の状況に応じて、資格取得に必要な最短ルートを検討することが重要です。

 

介護福祉士の資格は国家資格であり、有資格者は給与面やキャリアパス面などさまざまなメリットがあります。そして、介護福祉士の資格取得を目指す場合は、介護福祉士実務経験ルート、福祉系高校ルート、養成施設ルートの3つの方法があります。

また、介護スクールに通って資格取得を目指す場合は、学歴や卒業した学校の種類によって養成施設に通う期間が異なるため、個人の状況に応じて必要な最短ルートを検討することが重要です。

【札幌】おすすめの介護スクール

商品画像
商品名サンシャイン総合学園ニチイ まなびネット三幸福祉カレッジ日本福祉アカデミーあずみ福祉カレッジ
特徴30年以上の歴史があり、これまでに2万人以上の修了生を輩出している日本全国、通いやすい教室で受講できる「技能と心の調和」を理念に教育を行っているひとりひとりの受講生と真剣に向き合う意外と理解できていない介護職の基本をしっかり学べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧