【札幌市内】介護職員初任者研修・実務者研修の資格取得におすすめ!人気の高い評判の介護スクールを厳選しました!

札幌の介護スクールで即戦力の人材になれる?

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/08

介護職にはさまざまな技能が必要であり、実力が身についていない状態で働くと苦しい状態になってしまうこともあります。そこで大切なのが介護スクールで技術や知識を学ぶことです。札幌には介護スクールがいくつかあり、そこで日々学んでいる方がいます。即戦力になるためにスクールに通うことについて詳しく解説していきます。

介護職員初任者研修を習得できる講座

介護スクールでは介護に関わるさまざまな技能を習得できます。そのことを裏付けるのは各種の資格です。介護スクールでは介護職員初任者研修を始めとする、多様な資格を習得するための講座を受けることが可能となっています。資格を持っていると介護職員になる際の面接でも有利となり、場合によっては手当が付くことがあります。好待遇で働く上で非常に重要な要素の一つといえるでしょう。介護職員として食事の補助や更衣、入浴介助までを含めて必要な知識と技術を身につけることが可能です。

介護スクールでは介護する側だけでなく、介護される側も体験することになります。介護職員になる際になぜ介護される側も体験する必要があるのか、と考える方もいるかもしれません。しかしながら、実際にケアを行う側になるためにはケアをされる側の気持ちを感じることが大切であり、そのためには介護される側の経験もすることが重要となります。介護スクールではそのことを踏まえたカリキュラムが組まれています。

札幌は北海道の中で屈指の都市となっていて、人口も他の町よりも極めて多くあります。必然的に高齢者の数も多く、介護職へのニーズも高まっています。介護スクールでは札幌各地の施設で働くための人材を育成しており、スクール自体も重要な存在として認識されているといえるでしょう。即戦力として働くためにはそこで学ぶことが大切です。

即戦力として認められるための条件

介護職員の即戦力として働くためにはさまざまな条件を満たしている必要があります。その条件の一つとなっているのが高齢者の身体に関する知識です。介護職員は入居者をお風呂に入れたり、歩行のサポートをしたりすることがあります。その時に身体に負担をかけてしまうと怪我などにつながる可能性があるので、あらかじめ身体に関する知識を身につけておき、怪我をさせないようにすることが大切となります。

また、高齢者に多い病気への知識を持っておくことも重要となります。介護施設には病気を抱える方も多く入居しています。命にかかわるような疾患を持っている方の場合には入院することが多くありますが、命に直接的には関わらない疾病を持つ方は介護施設で訪問看護を受けることがあります。

介護職員は医師ではないので治療を行うことはありません。しかし、病を持っている方との向き合い方を学んでおく必要があります。即戦力となる条件として他にもコミュニケーション能力が求められます。このコミュニケーション能力は一般的な社会で求められるものとは異なります。

高齢者は耳が遠かったり、なかなか言葉が伝わらなかったりすることがあるからです。その時に表情で表現したり、根気よく話しかけたりすることが大切です。そこで必要となる技術や知識を札幌の介護スクールで学びます。実践を通じて得られる貴重な経験が仕事に活かしていくことができます

活動場所によって求められる能力が少しずつ違う

介護職員が働く場所はいくつかありますが、その場所ごとに求められる能力が少しずつ異なります。介護スクールで学んだ方が就業する場所の中のでもとくに多いのが有料老人ホームです。有料老人ホームでは入居者の方が安全で快適な生活を送れるようにサポートを行います。

有料老人ホームは他の介護施設に比べて、日常生活に密接にかかわることが特徴です。そのためサポートだけでなく、レクリエーションなどで楽しませる工夫も求められます。仕事内容は多岐にわたり、即戦力として必要な能力も多いのが特徴です。

訪問介護事業所も介護職員の働く場所の一つといえます。お客さんの居宅を訪問し、食事や排せつの介助などを行うのが仕事となります。有料老人ホームと仕事内容は似ていますが、利用者の方の家に行くのでその上での配慮が必要となります。また、調理やごみの処理など家庭に関わる仕事も行います。訪問介護事業所で働く予定であれば、そういった能力も介護スクールで学ぶようにしましょう。

札幌にはグループホームもあります。グループホームとは、認知症により自宅での生活が困難になった方々に家庭的な雰囲気を味わってもらい、共同生活を営んでもらう場所のことです。介護を必要とする方同士が接する機会も多いので、トラブルの際には仲裁をすることも求められます。和やかな雰囲気づくりなどをすることも大切な役割です。

 

札幌には介護に関するさまざまな施設があります。そこで即戦力になるためには多様な能力が必要となります。介護スクールで学ぶことで活躍ができる可能性が高まります。そのことを裏付けるためには、多種多様な資格を取得することも有効となります。

【札幌】おすすめの介護スクール

商品画像
商品名サンシャイン総合学園ニチイ まなびネット三幸福祉カレッジ日本福祉アカデミーあずみ福祉カレッジ
特徴30年以上の歴史があり、これまでに2万人以上の修了生を輩出している日本全国、通いやすい教室で受講できる「技能と心の調和」を理念に教育を行っているひとりひとりの受講生と真剣に向き合う意外と理解できていない介護職の基本をしっかり学べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索